食堂から歩く人々を眺めつつ食べるランチは砂の味がする話


大学というユートピアを失い、社会という地獄にたどり着いて3ヶ月がたった。


Twitterで日々騒ぎまくってるので(ご迷惑おかけしております)ご存知の方も多いかもしれないが、現在私は鬱と呼ぶ程では無いけれど、悲しみと怒りで朝も昼も食欲がなく無理矢理食べるおにぎりは砂の味がする程には日々落ち込んでいる。


まぁTwitterをやる元気があるのだから、七転八倒しつつもなんだかんだ余裕はあるので心配はしないでほしい。



世の中のブラック企業に比べれば幾分マシかとは思う弊社。しかし決してホワイト企業ではない弊社。


強いて名付けるなら、グレー企業。



土日は休みだし連休も取れるし、居残って仕事をしてると「早く帰りなさい」と課長から言われる。


しかし


配属から3ヶ月間は残業代は1円も出ないし、3ヶ月経っても残業代は1銭も出ないし、OJTには日々冷たくあしらわれ業務を教えてもらえず、週末の飲み会にはコールとセクハラが待ち受けている。



......こうして書き出してみると黒に近いグレーといった感じだが、上に訴え出るのは相当な時間と勇気が必要だし、内容も些かパンチに欠ける、何とも微妙な内容である。


そんなありふれた不幸に日々見舞われながら駅のホームでぼんやりと思った事は一つ。




「人間に生まれるの間違えたな......」




働かねばニートと罵られ、働いたとてストレスフル。転職も流行っているが今より良い環境へ行けるかは課金ガチャ並みの運ゲーである。

加えて、ぽろっと親親戚に弱音愚痴を吐くと9割9分9厘の確率で


「みんな最初はそうだって!」

「もっと大変な人もいるから〜」

「私なんてもっと......」

「みんな最低でま3年は続けるじゃない...?」

「自分で選んだ道なんだから!」


などと言い出す。




うるせーーーーーーーーーーーー!!!!!

うるせっ!!!だまれーーーー!!!!!

誰かの不幸を引き合いに出して私の不幸と清算しようとすなーーーーーーー!!!!

お前もお前もお前も辛いのはわかったからお互い苦しみ認めあおうーーーー?!?!?そこの高みの見物きめてるおまえはせめて慰めてーーーーー?!?!?

(CV : 豊田真由子)





取り乱してしまい申し訳ない。


とにもかくにも、人間に生まれた事を後悔しながら日々を過ごしていたらすっかり参ってしまい、日曜になると私は一人布団で寝込む(正確には二度寝する)様になっていた。


そんなある日、大好きなあんみつを食べ終わった後クーラーガンガンかけながらあったかい布団に包まってうとうとしていたら突然ふと




「人間に生まれてよかった。けど労働はあまりにも苦しい」




という当たり前の結論に辿り着いた。

遅い、遅過ぎる。

配属から3ヶ月、ようやくである。


昭和のマッキントッシュ並みに理解が遅かったのは、おそらく働く事に夢を見過ぎていた事が原因だろう。


会社説明会や社員座談会、OB・OG訪問でうんざりする程聞かされたのだ。



風通しの良い社内で尊敬出来る先輩達と共にやりがいのある仕事をする......

壁にぶつかる時もあるが、努力と上司のヒントで乗り越えていく......



今思えばこんなホワイトメルヘンファンタジーな職場はそうないのだが、ついうっかり諸先輩方の話を信じ込んでしまい、自分は頑張れるのではないかと思い込んでしまった。





詐欺では?


馬鹿みたいに風通しを謳われたにも関わらず現在の所属している部署は無風を極め過ぎて、ナウシカの最後の方のシーンみたいになっている。


嘘とまでは言わないが、本音や真実を隠して行われる座談会なんてもはや怪しい新興宗教の勧誘に等しい。


とはいえ私も22歳。汚い大人に就活で騙された死にたいなどと言ってる場合ではない。自分の責任は自分で取らなければならない。


辞める程の苦しみではない。でも黙って働ける程楽でもない。何か、なにかをもってして心を楽にしてやらねば......


そう考えあぐねていたある時、心がスッと楽になった瞬間があった。



あ、構えないで欲しい。クスリとかパワーストーンとか青汁とか怪しいものではない。



楽になった要因は、なんてことない友人との会話。


友人も、私と同じ様に新入社員として苦労していた。しかし彼女は私とは違う職種で、違う悩みを抱えていた。

 

全く異なる境遇であっても、新入社員として頑張っている話は私に勇気を与えた。

日々努力し失敗し、泣きながらも立ち上がりまた努力をする。そんな人が居るという事実にとてつもなく励まされるのだ。





と、いうことで色んな人の色んな苦労話を聞いて回りたいと思う。


と言っても人の不幸話を聞いて「私なんてまだマシじゃん!」と思いたい訳ではない。

「どんな失敗をしてそこからどう立ち上がったか」を知りたいのだ。


どんなブラック企業でもホワイト企業でも、社会人をやっていれば失敗から立ち上がる経験は誰しもあるはずである。それを聞きたいのだ。


申し訳ないが進研ゼミのおまけ漫画の様な美化されたサクセスストーリーは、社員座談会やOB訪問等で話して欲しい。



生の声を聞かせて欲しい。




そんな事を考えながら食べるおにぎりは、ちゃんと具の味がした。