読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【まとめ】ハリーポッターを知らない友人たちへ、誰でも1分でわかる世界的超大作

ハリーポッターをご存知だろうか?


世界的大ヒットを記録した、J.K.ローリング原作の長編のファンタジー小説である。映画化もされ、来年にはスピンオフ映画が上映される事も決まっている大人気作品である。


しかし、この超人気なこのハリーポッターをよく知らない友人が私の周りには意外といる。


あれ程流行った作品を何故よく知らないのか疑問に思った私は、ハリーポッターを見ていない、若しくは途中で見るのをやめてしまった友人たちにアンケートをとってみた。すると私の友人たちがハリーポッターにハマっていない理由が分かってきた。



1.小説が長い



ハリーポッターは全7編とクソ程ストーリーが長い。

しかも一冊一冊が異様に分厚く
【鈍器として人を撲殺する事が可能な程に厚い】
またハリーポッターをよく知らない友人の殆どが活字嫌いであった。中には、好きなアイドルの雑誌の対談インタビュー記事を読むのも苦行という友人もいた(彼女はこの記事も読みたくないかもしれない)。



2.登場人物が多い



確かにコレには私も苦しめられた。とにかく登場人物が多いのだ。主要人物だけでも
【50人程いる】
そしてこのうじゃうじゃいる登場人物が揃いもそろって名前が覚えにくい。


【フィリウス・フリットウイックがポモーナ・スプラウトと会話しているシーンで…】
とか言われても、よっぽどのファンで無い限り「は?」となってしまう。



3.映画が暗い



友人曰くハリーポッターの映画は
【暗いイメージがある】
という。

「何言ってんねんwww」と思いながら改めて映画を観てみたのだが
【確かにめちゃクソ暗い】
OPから暗い。

大体主人公のハリーが孤独に陰鬱とした夏休みを過ごしているところから物語が始まるのだ。そして画面も大体、黒・灰色・茶色で構成されていると言っても過言ではない。比喩・直喩、どちら的にも暗いのである。



4.登場人物がよく死ぬ



うじゃうじゃいる登場人物だが、クライマックスにかけて「これ書いてる時J.K.ローリング生理だったのかな?」と思う程皆バタバタ死んでゆく。

しかもモブならまだわかるが
【かなりのキーパーソン達が続々と死んでゆく】
しかも殆どが魔法の呪文によって死ぬ為
【みんな超あっけなく死んでしまう】
中々見続ける気が起きないのも納得である。



以上の事を踏まえると
【友人たちに無理にハリーポッターを勧める必要など無いではないか】
とも思う。


しかし本題はこれからである。
ハリーポッターをよく知らない友人たちは口を揃えてみな「USJに行きたーーーい!ハリポタのライダー乗ってみたーーーい!」と言うのだ。



!!!待てや!!!


ハリーポッターをよく知らずに言っても絶対楽しくないぞ!!!USJに行ったは良いものの結局よくわからず「今の誰?」「アレは何?」というシーン盛りだくさんだったり、何も知らずに100味ビーンズを食べゲロ味に当たって吐く、といった姿が目に浮かぶ。


ディズニーランドで例えてみよう。ミッキーをよく知らない状態でディズニーランドへ行ったりしたら魅力半減もいいところなのと一緒である。



無知「あの、裏声で話す白黒のアレは何?」
年パス「ミッキーだよ!ネズミのミッキー!」


無知「…なんかミッキーさん滅茶苦茶凄い勢いでドラム叩いてるけど???」


年パス「ビック・バンド・ビートだよ!」


無知「(???)そっか〜?」



こうした流れが、USJでも起きてしまいかねないのである。


ということで、前置きがJ.K.ローリングよろしくクソ長くなってしまったが、ハリーポッターをよく知らない人でもUSJを楽しめる様に1分でわかる様にまとめてみた。



以下が【1分でわかるハリーポッター】である。



覚えるべきキャラクターは5人でいい。 


「ハリー」 主人公


「ロン」 男友達 いい奴


ハーマイオニー」 女友達 優秀


この三人はズッともであり、ずっと一緒に過ごしてきたサンコイチである。


最悪、麻雀っぽい名前の男友達と、名前忘れたけど女の子がいたなぁ位の認識でもいい。


残りの2名は
「ダンブルドア校長」 味方 強い
「ヴォルデモート」 敵 ラスボス 鼻が無い
この2人の名前も最悪覚えなくていい。クソ強い校長と、鼻が無いラスボスがいる事だけ覚えてくれればいい。

そしてここで一つ、ハリーポッターを見る上で重要な事を伝えよう。
【敵は「黒・緑」、味方は「白・赤」とテーマカラーで分かれているのだ】
もはや派閥を隠す気ゼロ、冷静に考えて身バレしまくりなのだが、この法則に則って観れば登場人物をいちいち覚える必要はない。一部例外例外はあるが、黒い人達が飛んで来たらまず間違えなく敵の集団なのでわかりやすいはずである。

ハリーポッターは端的に言うと
【学園ドタバタファンタジーである】
魔法学校の寮で暮らしつつ、ハリーは達三人は
【毎年何かしらのハプニングに巻き込まれるのだ】

ハリーは複雑な過去を持っているせいでラスボスにずっーーーっと目をつけられている。毎年ハプニングに巻き込まれるのも、このラスボスのせいである。

そんな可哀想なハリーを校長はずっと護ってきたのだが、ハリー本人はかなりの強運を持っており、ズッともメンバーと一緒に自分たちの力でハプニングを乗り越えてきた。

空をほうきで飛んだり、杖と呪文で魔法を繰り出したり、ドラゴンや妖精がいる世界でハリーは毎年毎年奮闘するのである。

しかし物語の終盤、最強かと思われた校長を敵に殺され世界もいよいよヤバいことになり、ついにブチ切れたハリーとズッとも達はラスボスを倒すべく学校には行かず旅に出て下準備を行い、すったもんだの末、ラスボスを倒し世界は再び平和になる。よかったね、ハリー。という話である。

本当は、ハリーが強運なのは死んだ母親のおかげだったり、ロンとハーマイオニーが付き合ったり、ライバルが闇落ちしたり、ダブルスパイをしている先生がいたり、胸熱展開が目白押しなのだが、如何せん1分でわかる様にまとめたためそこは割愛した。

気になる人は映画を観ればいいと思う。

【検証】ABC cooking studioに通った女子大生はその後習った料理を家で作っているのか?

※これは2016年5月にTunblrに載せた文です※


ABC cooking studio(以下ABCクッキング)という料理教室をご存知だろうか?



ABCクッキングとは北海道から沖縄まで、全国津々浦々余す事なくオシャレ人間向けに展開している料理教室の名称である。

OIOIやルミネの上の階に明るいガラス張りの空間を見つけたら九割九分九厘ABCクッキングだと思っていい。


また、毎年12月になるとInstagramなどのSNS


「新宿でマユと一緒にブッシュドノエルを作ったよ〜🍰💕ちょい崩れてるけど愛は込めた😂😂😂笑」


みたいな投稿を見かける事はないだろうか?


ああしたオシャレ投稿は大体ABCクッキング絡みである。実際、InstagramでABCクッキングと検索すると【87,270件】もヒットする。


このABCクッキングではいくつかコースが設けられているのだが、その中でも女子大生に大人気なのが「ケーキコース」である。


ケーキコースの内容をざっくりとまとめると「可愛くオシャレなケーキを一緒に作って習得しちゃお☆」といったものである。


しかし、お菓子作りをした事のある人ならわかると思うが 
【お菓子作りは手間と金が滅茶滅茶かかるのだ】
どう考えても買ったほうが安くて美味い。つまりケーキ作りは、完成後食べる事以上に 
【作る事自体が娯楽である】
と言っても過言ではない。


そんな手間暇かかるケーキを習ったところで本当に家で作るのか?という疑問を今回検証してみた。




【1.対象者の設定】


今回の対象は 
【ABCクッキングに通いケーキコースを受講する、首都圏に住む女子大生50人】
にする事とする。なぜ首都圏に限定しているのかというと、ケーキを習いにいくようなオシャレに敏感な女子大生は大体首都圏に生息しているだろうという偏見が私の中にあるからだ。
50人としたのも分母がデカ過ぎず小さ過ぎず丁度良いからであって深い意味はない。



【2.検証方法】


これが大変である。ABCクッキングの前に待ち伏せ、初対面のキラキラ女子大生に対し「家でケーキ作ってますか😇?」とアンケートを取るのは喧嘩を売ってる以外の何物でもない。怖い。


ABCクッキングが流行っているとはいえ私の身の回りに毎週ケーキを作り続けている女子力53万レベルの女子大生は50人もいない。「類は友を呼ぶ」という言葉があるように、足立区育ちの私の地元の友人の殆どは土手で叫ぶばかりで、ケーキ作りなどという高いIQを求められる作業を行う事は不可能に等しい。


しかしそんな修羅の国、足立に住みながらもABCクッキングに通いケーキを作る猛者が2人いた。また、女子大に通っていた事が幸いし、大学にABCクッキングでケーキコースを習っている友人が3人いた。

よってこの5人に協力を仰ぎ、芋づる式にアンケートをとっていく事にした。これで完璧である。
しかもアンケートと言っても超簡単秒速で終わる内容である(以下こんな感じ)。


ABCクッキングで習ったケーキを家で作った事がある?


・ある ←


・ない


【3.検証結果の予想】


上記の内容を踏まえ、習ったケーキを家で作っている人は半数にも満たないのではないだろうか?



【4.検証活動】


こうして楽勝で終わるかと思ったアンケート収集であったが、なんと48人のところで途絶えてしまった。あと2人足りない。
就職活動で「私の強みは粘り強さであると自負しております」と豪語していた私としては、ここで終わる訳にはいかない。


三日三晩悩んだ末、実際にABCクッキングへ行き「パンコース」を体験し、そこの受講者2人にさりげなくアンケートを取ってみる、という事にした。
パンコースを体験する人の中にはケーキコース経験者もいるだろうという狙いだ。


ABCクッキングは、銀行口座が火を噴いている私の様な貧乏人にも門戸を開いており、500円でケーキコースが体験出来る様になっているのだ。ありがたやありがたや…


かくして私は、地元の友人の中でも比較的知能指数の高い友人と共にABCクッキングへ行き、パン生地をこねこねしつつ周囲の人にそれとなくアンケートを取り、無事50人のアンケート結果を得たのである(作ったパンは美味しかった)。



【5.検証結果】


アンケートの結果は以下の通りである。


「ABCクッキングで習ったケーキを家で作った事がある?」


・ある 3人


・ない 45人


作ろうとしたが失敗した 2人


ほとんどの人がケーキ作ってない!!!しかも50人中2人は習ったケーキを作れず失敗している!!!でもわかる!!!難しいよねケーキ作り!!!逆に作った3人が偉い!!!


想像以上に皆習いっぱなしである事がわかった。流行りとオシャレに敏感な女子大生は飽きっぽいのかもしれない。それにしてもABCクッキングの料理教室としてのアイデンティティを考えさせられる結果となった。



【6.考察】


しかし、実際にABCクッキングで料理を習ってわかった事が一つある。
あの場所において、料理を習いにいく事に意義があるのではない。冒頭でも述べたように作る事自体が娯楽であり 
【友達とワイワイ楽しく料理を作る事に意義があるのだ!】



実践性など二の次である。小学校の頃の家庭科の実習のようにに、あーだこーだ言いながら作る事がもはやメインなのである。そして 
【作ったケーキや料理を写真に収め加工しSNSにアップするまでがABCクッキングなのである!】


ABCクッキングが「ABC cooking studio」であって「ABC cooking class」でないのも納得である。



【7.まとめ】


ABCクッキング、特にケーキコースを料理教室と捉えることはおすすめしない。女子力は間違いなく上がるが、家庭的な女性になれるかは本人の努力次第なのだ。


しかしオシャレな家庭科室としては最高品質である。友人と楽しく料理をしたい人にはオススメである。


因みに以下がケーキコースの料金である。

基礎クラス


初級 6回 36,000円 有効期限8ヶ月


上級 6回 39,600円 有効期限8ヶ月


中級 6回 37,800円 有効期限8ヶ月


継続 12回 79,200円 有効期限16ヶ月



高っけーwwwww と思う私はまだまだ女子力が足りないのだろう。

【体験】キンプリの応援上映に行ったらプリズムの煌めきに殺された話

※これは2016年5月にTumblrに載せた文です※


KING OF PRISM(以下キンプリ)の感想を聞かせる約束をした人が多数いるため、キンプリ体験をここにまとめる。




キンプリというアニメ映画をご存知だろうか?



私は全く知らない側の人間だったが、ある日こんなツイートを見つけ、見に行く事を決意した。


【キンプリは、尻から蜂蜜が出てギリシャの格好で電車に乗ってハリウッドに行って星座になる映画】


???は???



いやいや、これは何かの比喩か、この人が極端に詩的な表現をしたかのどちらかだろう、と思ったが他のツイートを見ても



「キンプリはいいぞ…」


「キンプリは、いいぞ」


「キンプリはいいぞ〜」



との感想ばかりが並び要領を得ない。

「このままでは気になって就職活動に集中出来ない!」という事で幼なじみを誘って見に行く事にした。


この幼なじみ、頭がおかしいところはあるが、足立区生まれ足立区育ちとは思えない程聡明で賢い。キンプリに誘った際も、第一声は「ストーリーの予習していこう」であった。


そう、私達は全くキンプリの事を知らなかったのだ。

流石にあらすじ程度は把握しておかなければと思い、キンプリの公式サイトを見ると以下の様に書かれていた。


【女児向けアーケードゲーム原作のアニメ「プリティーリズム」シリーズ。少女たちのストーリーは新シリーズ「プリパラ」へと継承され、一方でプリズムスタァを目指し切磋琢磨する少女たちを陰ながら支えてきた少年たちのサイドストーリーが劇場版になって帰ってきた!
シリーズ3年目「プリティーリズム・レインボーライブ」にて誕生したボーイズユニット「OVER THE RAINBOW」を中心に、熱い闘いの火蓋が、いま切られるー…】



???ん???



全く頭に入ってこない。


この文章を3回読んでわかった事をまとめると「イケメンアイドルグループがライバルグループと戦う」という事になる。


なぜアイドルなのに戦うのか、そもそも 
【プリズムスタァ】
ってなんだよという疑問は解けないままだが、とりあえずチケット予約をする事にした。


しかしそこでまた問題が起きた。キンプリには「普通上映」と「応援上映」の2種類があるのだ。普通上映はいわゆる普通の上映である。しかし調べてみると応援上映は常軌を逸した上映だという事がわかった。



「コスプレ可」


「声援可」


サイリウム持ち込み可」


↑ここまではまだわかる


↓ここからが異次元


「黄色いバラ持ち込み可」


「デッキブラシ持ち込み可」


「劇場予告から応援可」



なぜ黄色いバラ?デッキブラシ?というか予告に声援を送る?なぜ?どんな風に?


謎は深まるばかりだが、余りにも気になり過ぎる応援上映。流石の私も、自分たちの様な素人が応援上映に行って良いのだろうかと決めかねていた。

しかし聡明で賢い幼なじみの「応援上映にしよっか」という一言で応援上映を観に行く事が決まった。



先にも書いた様に、彼女は頭がおかしいところがあるのだ。


twitterを中心に情報を集めていると 
【サイリウムは必須】
であるという事がわかった。しかしこれまで二次元三次元問わずアイドルにハマった事の無い私と幼なじみはサイリウムを持っていなかった。


しかもこの場合のサイリウムはパキッと折って発光させるタイプのモノではなく、キンブレという様々な色が出せるペンライトの事を指していた。
キンブレは、安くない。そのため幼なじみは手ぶらで行く事にし、私は家の中で一番キンブレっぽいモノであるプリキュアの変身ステッキ(ステッキの詳細はtwitter参照)を持って行く事にした。


そうして心構え、準備共に不充分の状態でキンプリを観たのである。





結論から言うと、

私は 
【プリズムの煌めきに負け死んだ】
そして頭のおかしい幼なじみは 
ギリシャの格好で電車に乗ってハリウッドに行くシーンで号泣していた】


映画の内容を簡潔に言うと、

ハグで全裸になった主人公がアイドルを目指すが、先輩は視力がマサイ族並みだったり、ドラゴンと竜巻に巻き込まれてぶっ倒れたり、100億円の借金を返済する為ハリウッドに人身売買されたりと色々大変!だけど大丈夫。主人公はプリズムの煌めきを秘めてるから…


というストーリーであった。



嘘ではない。盛ってもない。比喩でもない。紛れもない事実である。


トーリーと応援上映の詳細については以下のブログが超絶わかりやすく、且つ正確に書いているのでこれを参照してほしい。
http://www.megaya.net/entry/2016/03/03/220442



もしもこの体験談を読んでキンプリに興味を持った人がいたら是非連絡してほしい。一緒に観に行きましょう。


というのも、私と幼なじみはプリズムの煌めきに心奪われ、帰りの電車でキンプリ4DXを観に行く事を決意するとともにAmazonでキンブレを2本ずつ購入したのだ(キンブレは一人1本では足りない。ましてやプリキュアステッキなどキンブレの前ではゴミに等しいのだ)。


キンプリはシャブい。何度でも観れるし観たくなる。4DXを観に行ったら、また体験談としてまとめたいと思う。